通販と店舗で購入のはんこの相違点とは

はんこを通販と店舗で購入する場合の相違点ですが、そこまで大きな相違はありませんが、いくつかありますのでご紹介します。最近はインターネット上で気に入った商品をクリックするだけで、色々なモノを買える時代になり、はんこも例外ではありません。まず、実店舗の場合は、商店街にあるような昔からその道一筋でやっているような職人さんによる手彫りに拘っているような店舗や、百貨店や駅ビルのなかに入っていて機械で彫るようなお店などがあります。インターネットの場合は、総合通販サイトに出店しているお店だったり、独自にWEBサイトを立ち上げて運営しているような店舗があります。どちらもメリット、デメリットがありますので、ご自身に合った方法で、素敵なはんこを見つけてみましょう。

実店舗で購入する場合はどんな感じ?

商店街などで古くからその道で商売されているようなお店は、職人気質で手彫りに拘るところが多いです。材質は最近の流行りのプラスチック製のものから、品質の良い牛の角を使ったものとピンキリであります。書体も自由に選べ、どの書体を選んでも手彫りなので、偽造の心配はないと言いきるような腕の職人さんもいます。また、どんな用途に使うのかもヒアリングしてくれ、用途に合わせ、直径の大きさや書体も丁寧にアドバイスしてくれます。また、機械で彫るようなところも、書体はある程度選べます。そして、なんと言っても、実店舗の良さは商品を実際に目で見て、色や形、重さや持った感触などを体感できるところにあります。また、手彫りのところでも機械で彫る場合も、日数はある程度かかります。そして、デメリットですが、やはり人件費がかかるので、インターネットで購入する場合よりも価格が高い場合が多いです。ただ、例外として100均などの出来合いの商品は価格も安いですが、偽造されやすいので、銀行印などには向きませんのでご注意ください。

インターネットで注文した場合はどんな感じ?

インターネットで購入する場合は、他の商品にも言えることですが、実際に目で確かめられないので、持った感覚や色味などをその場で確認できないことがデメリットです。ただ、メリットとしては、実店舗よりも格安の場合が多く、大手の総合通販の場合はキャンペーンの際に購入するとポイントがついたり、割引されたりするところです。また、気に入った商品を店舗に出向かなくともクリック1つで商品を購入出来てしまう手軽さにあります。それから、全国の店舗から選べるので、気に入った商品も見つけやすいかと思います。その他、お値段は少々高めですが、インターネット上の店舗でも素材や手彫りに拘っているお店もあります。機械彫りのものは価格が安く、納品も短期間でしてくれるようなお店もあったりします。