必見!よくわかるweb会議

TOP > web会議の豆知識 > ミーティングの開催日時をスムーズに調整できるweb会議

ミーティングの開催日時をスムーズに調整できるweb会議

多くの企業では、会議の時間に関する悩みを抱えています。
特に移動と準備時間に関する悩みが多いです。
複数のエリアに拠点がある企業の場合は、前者の悩みを抱えている事も少なくありません。
例えばある企業が、東京で会議を開催するとします。
その企業の拠点が複数箇所にある場合、東京以外で働いている従業員の場合は、わざわざ手間をかけて移動しなければなりません。
移動するのは非常に大変ですが、かなり時間がかかってしまいます。
他県から東京に移動する時には、数時間ぐらいかかってしまう事も多いですが、状況によっては1日かかってしまうケースもあります。
あまり多くの時間を消耗してしまうと、業務効率も良くありません。
しかしweb会議を採用してみると、その問題点が解消されるケースも多いです。
他県まで移動する必要がないからです。


ところでweb会議には、時間調整に関するメリットもあります。
調整時間を大幅に短縮できるメリットは大きいので、その会議システムの導入を検討している企業も多いです。
上述のように他県から東京に移動する方法で会議を行っていると、調整するのにかなり時間が取られてしまうことがあります。
会議の担当者としては、出席する人物の都合なども考慮しなければなりません。
会議の開催日時も決定する必要がありますから、会議担当者としては出席者のスケジュールも確認する必要があります。
人数が多い企業の場合は、かなり時間がかかってしまうケースが多いです。
というのも東京などに出張する場合は、移動時間も考慮しなければなりません。
参加者のスケジュールを調整するにしても、移動時間を調べなければなりません。


ところがweb会議の場合は、わざわざ移動する必要はありません。
自社のデスクに置いてあるPCで会議システムに参加できますから、わざわざ東京という遠い場所まで移動しなくても、ミーティングに参加する事ができます。
という事は、わざわざ会議の担当者がスケジュールのヒアリングなどを行う必要もありません。
ヒアリングの作業がなくなれば、それだけ調整時間も節約できます。
しかも会議システムには、参加者の時間をスムーズに調整できる機能が完備されている事も多いです。
担当者が1人1人にヒアリングする方法と比べると、遥かに日程をスムーズに調整できます。
それだけ会議の開催日時をスムーズに決められますから、時間を大幅に短縮できる訳です。
ですから時間に関する悩みを抱えている時は、web会議の導入を検討してみる価値があります。

カテゴリー