必見!よくわかるweb会議

TOP > web会議の豆知識 > 人数や利用時間を基準にweb会議を選ぶ

人数や利用時間を基準にweb会議を選ぶ

web会議のシステムは、複数の専門業者が提供しています。
各社のシステムはそれぞれ特徴も異なりますが、その1つはシステムに関する制限です。
人数などは、会議システムを比較する基準の1つになります。
webの会議システムは、比較的多くの人数が利用する事も可能です。
そもそもミーティングは、かなりの人数になる事も少なくありません。
数人ぐらいのミーティングもありますが、状況によっては数十人規模になる事もあります。
web会議のシステムによっては、その利用人数が若干限定されている事もありますから、注意が必要です。
例えばある会議システムの場合は、最大4人という制限があります。
20人が同時に利用する事はできませんから、注意が必要です。
そうかと思えば、最大100人が利用できるシステムもあります。
利用人数が多いかどうかは、システムを選ぶ基準の1つになる事も多いです。


ところで会議のシステムを利用していると、たまに中断してしまうケースがあります。
会議の途中であるにもかかわらず、半ば強制的に中断される事もありますから、注意が必要です。
中断と言えば、オンラインゲームもあります。
オンラインゲームに興じている最中に、突然にゲームのサーバーから落とされてしまうのを経験している方も少なくありません。
半ば強制的に落とされてしまえば、ゲームが興ざめになってしまう事もあります。
それとは理由は異なりますが、webの会議でも強制的に落とされるケースはあります。
なぜ落とされるかというと、各業者はそれぞれ制限時間が異なるからです。
専門業者によっては、集団で会議を行うのは少々難しい事もありますから、注意が必要です。
実際ある業者が提供している会議システムの場合、最大40分という制約があります。


ただし「全て」の業者のシステムが最大40分である訳ではありません。
業者によってシステムの性能も異なり、特に制限時間が無い会議のシステムもあります。
システムを利用する側からすると、制限時間が無いに越した事はありません。
ですから最大何分まで会議が可能なのかは、専門業者を選ぶポイントの1つになります。
それと料金です。
たとえ性能が優れている会議システムでも、利用料金が高く付いてしまうのも困りますから、料金が格安かどうか基準に会議システムを選んでいる法人も多いです。
ですからwebの会議システムを選ぶ時は、結局は費用対効果が重視される傾向があります。
費用に見合った性能があるかどうかを基準に、各業者のシステムを比較検討している企業も少なくありません。
比較検討する際に、見積書が活用される事も多いです。

カテゴリー