必見!よくわかるweb会議

TOP > web会議の豆知識 > 遠方への移動が不要で収容スペースも必要ないweb会議

遠方への移動が不要で収容スペースも必要ないweb会議

大事な会議を行う時は、少々遠くの場所に移動するケースがあります。
特に複数の拠点がある企業は、その傾向が顕著です。
東京地域だけでなく、全国の幅広い場所にオフィスや拠点がある企業も珍しくありません。
もしもその企業の本社が東京にある時は、従業員の移動が必要な事もあります。
例えば東京地域にて大切な会議を行いたい場合、他のエリアに拠点がある従業員としては、東京まで移動しなければなりません。
多くの場所まで移動する時は、2つの問題点が浮上してきます。
まず移動時間です。
他県から東京に移動する場合は、それなりに時間がかかってしまいます。
もう1つの問題点は、会議のために移動する時のコストです。
他県に移動する時には、どうしても交通費がかかってしまいますから、移動費用も軽視できません。


ところで遠くの場所に移動するのが大変な時は、web会議という方法もあります。
チャットに似たシステムを活用して会議を行いますが、チャットを大人数の会議向けにカスタマイズされたシステムになります。
それを活用すれば、わざわざ遠くの場所まで行く必要はありません。
各拠点をWEBで接続しますから、多くの交通費がかかってしまう訳でもありませんし、移動時間もかかりません。
ですから会議に関する問題点を抱えている時は、web会議は前向きに検討してみる価値があります。
そもそも遠くの場所まで移動するのは、従業員も大変です。
わざわざ東京まで移動すれば、多くの労力がかかってしまいます。
その点webの会議システムを活用すれば、東京への移動も不要になりますから、かなり楽になります。
それに加えて、収容スペースに関するメリットも軽視できません。


企業によっては、多くの人数を収容するスペースが無いことがあります。
一応は会議室はあるものの、あまり多くの人数は収容できないので、やむを得ずに貸し会議室などを利用せざるを得ない事もあります。
貸し会議室は、もちろんレンタル料金が必要です。
長い時間会議室を利用すれば、多くの料金がかかってしまうのは明白です。
しかしWEBの会議の場合は、各従業員が普段使用しているPCで問題ありません。
各従業員に対してIDを伝えた上で、会議のシステムにログインすれば問題ありませんから、わざわざ貸し会議室などを利用する必要はありません。
つまり大人数を収容するスペースがなくても、そのシステムで会議を行える訳です。
上述のようにWEBの会議システムには色々なメリットがありますから、導入を前向きに検討している企業も多いです。

カテゴリー