必見!よくわかるweb会議

TOP > web会議の豆知識 > web会議を採用して意思決定をスムーズにする

web会議を採用して意思決定をスムーズにする

企業によっては、何かを決定するのに時間がかかってしまう事があります。
特に大きな企業では、決裁が下りるのに時間がかかる事も多いです。
例えば、ある時に新商品を開発する企画が浮上しました。
新商品を販売すれば、会社の売り上げ数字も好転しそうではあります。
しかし新商品を開発するのに予算がかかりますから、上司の許可が必要です。
その許可が下りるのは、かなり時間がかかってしまう事もあります。
その主な理由は、会議の所要時間です。
大きな予算が動く時には、会社としても会議を開催することがあります。
1人の担当者だけでは決定できないので、会社の重役が数人集まって会議を行うこともありますが、その際に出張を伴ってしまうケースも多いです。
大企業の場合は、複数エリアに拠点がある事も多く、出張して会議するケースも少なくありません。


ところで出張する場合は、どうしても時間がかかってしまいます。
例えば東京と北海道と九州に拠点がある企業の場合、都内で開催される会議に出席するケースもあります。
その場合、北海道や九州の従業員は東京に行かなければなりません。
出張する形になりますから、長い時間かけて移動しなければなりません。
移動する以上、どうしても新商品に関する決定が下るのも時間がかかります。
ところがweb会議を導入してみますと、その問題点が解消されるケースが多いです。
web会議は、チャットのような形で話し合いをする事になりますから、わざわざ遠くの場所まで行く必要もありません。
上記のような状況の場合、東京と北海道と九州の3ヶ所にあるパソコンを、web会議で接続する訳です。
そして各地にあるパソコンで会議に参加すれば、出張する必要もありません。


ですからweb会議を採用しますと、会社の意思決定の時間を大幅に短縮する事も可能です。
企業によっては、出張する時に多くの時間が取られている事もあります。
それで新商品の意思決定が遅れるのも困りますから、web会議を採用している企業も少なくありません。
実際その会議システムを導入してみますと、かなり状況が良くなるケースも多いです。
まして会議システムを導入すれば、交通費も不要になります。
九州から東京に移動する時には、多くの交通費がかかってしまいますから、会議のコストも高く付いてしまいます。
しかしweb会議を採用すれば、わざわざ東京まで移動する事もありませんから、交通費を大幅にカットする事も可能です。
実際それを理由に、web会議を導入している企業も多いです。
出張に関する問題点を解消したい時は、その会議システムを検討してみる価値はあります。

カテゴリー